从日本推理小说看日本人的善恶观–以东野圭吾的《白夜行》为例.docx

作品中には、日本社会の発展と時代の進歩のみならず、各種の鋭い社会的問題も感じられる。また、そこから派生された道徳の喪失や人間性の貪欲さ、および社会の複雑な様相など

概 要:日本の推理小説は絶妙な内容を持ち、世界でも人気がある。しかも、日本人の絶対的な善悪がないという独特な善悪観も推理小説を通して反映されている。善と悪は光と影のように、対立的であると同時に不可分の側面を持ち、共存的な関係にある。本論文は東野圭吾の『白夜行』を例に、現代日本の社会派推理小説及びその代表的な作家と作品の紹介を通して小説主人公の性格と特徴を分析し、日本人の独特な善悪観への理解を深めるとともに、曖昧な善悪観の成因を分析する。これらの分析や考察によって、日本社会、日本文化をより深く理解できるのを期待する。さらにそれを踏まえ、中国社会において多くの人が認識している「符号化」された善悪観を研究したいと思う。

 

キーワード:推理小説;白夜行;善悪観

 

目次

概要

中文摘要

序 章 研究目的と先行研究-1

第1節 研究目的-1

第2節  先行研究-1

第1章 社会派推理小説と『白夜行』-3

第1節 社会派推理小説について-3

第2節 東野圭吾について-4

第3節 『白夜行』について-5

第2章 人物像に関する分析-6

第1節 西本雪穗について-6

第2節 桐原亮司について-7

第3章 日本人の善悪観と形成原因-9

第1節 善悪とは何か-9

第2節 日本人の善悪観-10

第3節 善悪観の形成原因-11

第4節 日本人の善悪観の核心-12

終 章  -13

参考文献-14

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部