浅析宫泽贤治童话作品中猫的形象_日语论文.docx

『宮沢賢治全集』に収録された童話作品のなか、鳥、猫、鼠、きつね、象、熊計200種ぐらいの動物が登場し、その中、猫が主役や重要役を担当する作品が数多くある。日本文学にお

概要:宮沢賢治は日本近代文学史において特別の地位を占めている童話作家である。人間、動物、鬼、神などの要素を巧みに組み合わせることにより、独特な童話スタイルができあがった。特に数多くの動物が童話の主人公として重要な役割をはたし、人間社会を生々しく反映している。動物が「賢治ワールド」に入るためのいい媒介だと言える。本論は「猫」という動物に注目し、宮沢賢治の三つの作品「どんぐりと山猫」、「注文の多い料理店」と「猫の事務所」における主人公「猫」のイメージをそれぞれ分析し、それから各「猫」の特徴を比較しようと思う。最後は、この三つの作品を通して、宮沢賢治の価値観を検討してみたい。

 

キーワード:宮沢賢治;猫;童話;価値観

 

目次

概要

中文摘要

序 章  研究目的と先行研究-1

第1節 研究目的・ 1

第2節 先行研究・ 1

第1章 宮沢賢治とその作品-3

第1節 宮沢賢治について・ 3

第2節 宮沢賢治の童話作品の特色・ 4

第2章 猫の登場-5

第1節 「どんぐりと山猫」・ 5

第2節 「注文の多い料理店」・ 6

第3節 「猫の事務所」- 7

第3章 作品に登場する猫のイメージについての比較分析-9

第1節 猫の共通点9

第2節 猫の相違点-・ 10

第3 節 宮沢賢治の価値観を探る-・ 10

終 章-12

参考文献-13

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部