从电影《告白》看日本的少年犯罪和源自母亲的家庭教育_日语论文.doc

本文联系到日本的现实社会中,从二战后发展至今的少年犯罪高峰期和原因,以及从电影《告白》以及日本现实中的重大少年犯罪事件中分析出的成因,来探索母亲错误家庭教育方式和

要旨

日本の中島哲也によって監督された『告白』という映画が2010年に上映された。その映画は主に,娘を殺された中学校教師が殺人犯の二人の生徒を復讐することを述べている。

殺人した生徒の少年Aと少年Bは、母親の正しくない家庭教育のために、成長の過程に不健全の心理を育て上げていき、最後に、殺人でも平気で反省もない人になってしまう。本論日本の現実の社会と結びつけて、戦後の少年犯罪のピーク期と原因に加えて、『告白』と現実に起こった重大な少年犯罪事件の原因から、母親の悪い家庭教育に基づいて、子供の心理健康にマイナス影響をもたらすことを探検する。映画は社会現象を反映する一つの方法として、当時の社会において何か非常に注目されることがよく見つかる。映画の『告白』から出た少年犯罪は近代の少年犯罪の情報がよく体現できる。それによって、少年犯罪と母親の家庭教育を検討し、両方の関係と影響を証明する。    

それで、本論文は、映画から出た犯罪少年のことに基づいて、現在の少年犯罪と母親の家庭教育との関係及びその影響を研究していく。

キーワード:『告白』 少年犯罪 母親側の家庭教育

 

目次

摘要

要旨

はじめに-1

1 少年犯罪の定義及びそのピーク期と原因-2

1.1 少年犯罪の定義-2

1.2 そのピーク期と原因-3

2 『告白』及び日本現実から見る少年犯罪-4

2.1 『告白』から見る少年犯罪-4

2.2 日本現実から見る少年犯罪-4

3 母親側の家庭教育が少年犯罪への影響-5

3.1 心理学による分析-5

3.2 調査結果による分析-6

おわりに-8

付録-9

参考文献-11

謝辞-12

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部