从色彩词看中日文化差异–以“赤、白、黑”为中心_日语论文.docx

本文意从带有“赤”(红)、“白”、“黑”三种颜色的色彩词来看中日两国在文化上的差异。在序章部分,本论对于中国、日本的色彩词的研究现状进行总结,再提出中日两国色彩词

要旨

文化のキャリヤー及び重要な伝達メデイアとして言語は表面的に文化を表現している。異なる国、異なる地域、異なる民族の間に、異なる民族の間に、それぞれ異なっている言語が存在している。しかし、どんな言語にもかかわらず、必ず社会の文化の影響を受ける。「語彙は言語の建築材料で、言葉と語彙が文化から生み出す」だから、語彙の研究は文化の探究の重要な手段になる。さまざまな種類の語彙の中で、色彩語は物事の色と人物の感情を描写するなどの方面で重要な役割を果たして、言語の中で不可欠な要素の一つである。色彩語の自分自身、及び語源と象徴的な意味を通して、私達は異なる国、異なる地域、異なる民族の古代から形成した異なる文化、感情などを知ることができる。中国と日本で、同じ色彩語の使い方と意味の対比することを通じで、中日両国の色の文化に関する相違を見抜くことができる。

  小論は「赤」(紅)、「白」、「黒」という三種類の色彩語から、中日文化の異なる部分を探求する。はじめにという部分の中で、まずそれぞれ中国と日本の色彩語の研究の現状について総括して、また中日両国の色彩語の対比に関する研究の現状を紹介する。そして、先行研究の問題点と本論の立場を提出する。第一章はまず、小論にあげた色彩語の選定する理由を解釈し、そして、「赤」、「白」、「黒」を対象にして、主に中国の色彩語の語源と変化をはっきり分析する。第二章は「赤」、「白」、「黒」を対象にして、主に日本の色彩語の語源と変化をはっきり分析する。第三章は中日両国の「赤」(紅)、「白」、「黒」という三種類の色彩語の異なる使い方、象徴的な意味を通じて、中日文化の差異を考察してみる。おわりにの部分では、小論の内容を総括して、また結論及び不足なところと未来の研究の方向を提出する。

 

キーワード:色彩語 象徴的な意味 文化の差異

 

目次

摘要

要旨

はじめに-1

1 選定する中国語の色彩語の語源と発展について-2

1.1 赤(紅)-3

1.2 白-3

1.3 黒-3

2 選定する日本語の色彩語の語源と発展について-4

2.1 赤-4

2.2 白-4

2.3 黒-4

3 中日の色彩語における中日文化の差異-5

3.1 中国語の「赤」(紅)と日本語の「赤」-5

3.2 中国語の「白」と日本語の「白」-6

3.3 中国語の「黒」と日本語の「黒」-8

おわりに-9

参考文献-10

謝辞-11

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部