小说《湖畔》折射出的日本的扭曲家庭教育问题_日语论文.doc

本论文通过《湖畔》中一个家庭的情况,分析日本社会的教育现状和存在的教育问题,并针对这些问题的成因和对社会的影响,提出的自己的见解。

要旨

家庭教育とは家庭での生活を通して、父母やその他の家族によって行われる教育。それは、子供の人格形成に重要な役割を果たしている。家庭教育は家庭成員に関わっているだけではなく、学校や社会にも深く繋がっている。社会の発展に従って、若者はだんだん社会の色々な分野で活躍してきた。そのため、若者の人柄が大事なものである。現在の日本社会では、偏差値だけ重視する傾向があるので、家庭では、父母も子供の偏差値に関心を持っている、子供のほかの方面をあまり重視しない。

 本論は『湖畔』の中での一つの家庭情況を通して、日本社会にある教育現状や教育問題を分析し、またその問題の形成原因と世間への影響について、自分の見解を述べるものである。

キーワード:日本社会 偏差値 家庭教育

 

目次

摘要

要旨

はじめに-1

1.『湖畔』の内容と問題提出-2

1.1 『湖畔』内容の概要-2

1.2 『湖畔』の中にある教育問題-3

1.3 教育問題と日本社会のつながり-3

2.家庭教育と環境とのつながり-4

2.1 家庭教育と家庭環境-4

2.2 家庭教育と社会環境-5

3.日本社会における教育現状-7

3.1 偏差値を重視する社会現状-7

3.2 偏差値教育からの提示-7

おわりに-8

付録-9

謝辞-11

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部