从《人间失格》看太宰治的人生观_日语论文.doc

独特的“自我毁灭”式的文学,在日本文坛上被称作“昭和文学不灭的金字塔”。太宰治的“自我毁灭”是单纯的自我虐待么?“失格”的判断标准是怎样的呢?又是什么导致“失格”

要旨

 

第二次大戦直後の虚脱、昏迷の中で、反俗無頼の心情を基調として文学を作った作家が出現した。それに対する文学流派が「無頼派」と呼ばれている。太宰治は「無頼派」の代表として非常に有名である。太宰治を言うと、頭に浮かんでくるのは「不安」「恐慌」「自殺」「絶望」などのマイナスな言葉ばかりである。独特な「自己壊滅」式の太宰文学は評論家の鳥居邦明氏に「昭和文学の不滅の金字塔」と評価されている。太宰治の自己潰滅は単純の自己虐待にすぎないか、どんな標準で人間資格だと判断するか、人間は失格になる原因は何か、失格の表像の下に隠されていることは何か。本論文は太宰治の成長環境や文学創作の道を分析したり、代表性的な作品『人間失格』を紹介したりすることを通して、消極厭世の姿と違う太宰治イーメンジを探究してみようと思っている。

 

キーワード:消極厭世;人間失格;家庭;愛人心

 

目次

謝辞

要旨

摘要

1はじめに-1

2太宰治の成長の過程-2

2.1家庭の背景-2

2.2学問を探求する道-3

2.3性格の初歩的な形成-4

3太宰治の文化創作の道-5

3.1文学風格の初歩的な形成-5

3.2太宰治と芥川龍之介-5

4『人間失格』と太宰治の人生観-6

4.1『人間失格』の主な内容-6

4.2太宰治と大庭叶藏-7

4.3太宰治の幸福観-9

4.4愛人心-10

5まとめ-12

参考文献-13

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部