关于中学语文教育的中日对比研究–以鲁迅的《故乡》为例.doc

随着中国的初中语文教育的改革,中国的初中教育也渐渐从以前的“教师中心”转变为“学生中心”,本论文以中日共通的教材中的“故乡”为例,来比较分析中日初中语文课堂教学的

要旨

 

魯迅は中国の偉大な作家であるだけでなく、日本でも、更には、世界でも有名な作家である。魯迅の多くの作品はずっと中国の学生の間に生き続けている。その中の小説『故郷』は中国の中学教材にだけでなく、日本の中学教材にも収録されている。そして、中国での中学校国語教育の改革につれて、中国の中学教育は次第に以前の「教師中心」から「学習者中心」になっている。本論は中日共通の安定教材「故郷」を例として、中日中学校国語教育の共通点と相違点を研究する。日本の望ましい教育方法を吸収して、中国の中学教育の発展にいささかでも寄与できることを願っている。

 

キーワード:中日、教育、比較、魯迅、故郷

 

目次

謝辞

要旨

摘要

1 はじめに-1

1.1 研究の動機及び目的-1

2 授業活動に関する比較-2

2.1中国の場合-2

2.2日本の場合-3

3中日の学習指導案の比較考察-5

3.1共通点-5

3.2相違点-6

4 アンケート調査から学習者の読みの異同-7

4.1 「故郷」そのものについて-7

4.2 人物の読み取りについて-10

4.3まとめと課題-12

5 おわりに-13

参考文献-15

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部