浅析白居易对日本文学的影响_日语论文.doc

日本古典文学在吸取着汉学养分的时候逐渐走出了自己民族特色的一条路。本课题计划以白居易为着重点,结合日本古典文学,以《源氏物语》、《枕草子》等为例,分析白居易对日本

要旨

 

唐のとき、唐の文学作品は日本に伝わる。その中に日本古典文学が最大に影響を与えるのは白楽天だった。白楽天は唐の有名な詩人だった。彼の華々しく、偉大な詩は代々の中華民族子孫中に伝わって、漢民族の子孫後代を鼓舞と激励していて、それに日本古典文学が深遠な影響を与える。白詩は日本に伝わって、日本文学に与えた影響は両国文化の融合を代表する。日本古典文学が漢学の養分を吸収したとき、次第に自分の民族性の道を出ていた。この論文では、白楽天を中心に、日本古典文学を結びつけて、『枕草子』『源氏物語』などは例として、白楽天が日本文学に与えた影響を分析する。

 

キーワード:白楽天;日本文学;文化の伝播;文化の融合と発展

 

目次

謝辞

要旨

摘要

1 はじめに-1

1.1先行研究のまとめ-1

1.2白楽天の紹介-1

2 白楽天の詩が日本に流入-3

2.1流入前、日本古典文学の状況-3

2.2 流入後、日本古典文学に与えた影響-3

3 白楽天の詩が人気の原因-8

3.1 漢字の流入-8

3.2 白楽天の詩が日本人の美意識と一致する-8

3.3 白楽天の詩が日本知識階級の政治態度と一致する-10

4 おわりに-11

参考文献-12

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部