浅析太宰治的内心世界–以《人间失格》为中心_日语论文.doc

本论文以《人间失格》为基础,通过总结太宰治的人生变迁,分析太宰治的消极观与积极观,探究《人间失格》创作由来。本论文首先介绍太宰治的生涯,并在此基础之上分析《人间失

要旨

 

太宰治は日本の昭和文学の代表的作家である。創作生命は短いと言っても、何十冊の作品を遺し、終戦後日本の若者に強い精神的影響をもたらした。その中で、自伝とも言える『人間失格』は、太宰治の代表的思想や、審美風格を体現している。

本稿は『人間失格』に描かれた太宰治の人生転変を論じ、その上で太宰治と『人間失格』の関係、『人間失格』から見た太宰治の消極観と積極観を具体的に分析し、『人間失格』の創作源流を究明した。まず、太宰治の生涯を紹介し、その上で『人間失格』のないよについて考察した。次に『人間失格』から見た太宰治の女性観と人生観を論述し。最後にこの作品がなぜ生まれたのか、その原因を探った。本稿の研究により、少しても太宰治の内心世界を理解できればと考える。

 

 

キーワード:太宰治;人間失格;内心世界;人生観

 

目次

謝辞

要旨

摘要

1 はじめに-1

1.1 研究の動機及び目的-1

1.2先行研究のまとめと新しい視点-1

2 太宰治の生涯-3

3 『人間失格』について-4

3.1 『人間失格』の概述-4

3.2 『人間失格』が誕生した原因-5

3.2.1 外部の要素-5

3.2.2 内部の要素-6

3.3 太宰治作品における『人間失格』の位置づけ-7

4 第三章 『人間失格』から見た太宰治-8

4.1 太宰治と『人間失格』-8

4.2 『人間失格』から見た太宰治の女性観-8

4.3 『人間失格』から見た太宰治の消極観-10

4.4 『人間失格』から見た太宰治の積極観-11

5 おわりに-13

参考文献-14

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部