从森女系服装看日本人的审美观_日语论文.doc

从服装上来讲,从原来单一的和服到森女系、洛丽塔系、涩谷系等服装风格的崛起,无不反映着日本人审美意识的变化。本文试着从森女系服装风格来对日本的服装进行探讨。通过对日

要旨

 

美意識とは,審美の活動に人は審美の対象に対して能動的に反映して、即ち広義の美感である。審美の知覚、感受、趣味、理想、標準など各方面を含めて、審美心理活動が思惟段階に入った意識の活動である。日本の経済発展に伴って、人々の審美意識も変わってくる。服装から言えば、もともと単一の着物から森ガール係、ロリータ係、渋谷係など服装スタイルのはやりまで、日本人の美意識の変化を反映している。本文は森ガール系の服装スタイルから日本の服装について検討してみる。日本の服装の研究によって、日本人の美意識を理解し、中日文化の友好交流にも役立つ。

 

キーワード:森ガール系;服装スタイル;美意識

 

目次

謝辞

要旨

摘要

1 はじめに -1

2 森ガール服装について-2

2.1森ガールの時代背景-2

2.2森ガールの特徴-3

3 森ガール服装から見た日本人の美意識-8

4 おわりに -9

5 参考文献 -10

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部