关于《鼻子》中人性的分析_日语论文.doc

小说以主人公禅智内供的鼻子的长短变化被周围的人嘲笑产生的一系列的心理变化,以及周围人对他鼻子变化的态度为线索,生动成功地塑造了拘泥于社会评价的虚弱、悲哀、软弱、悲

要旨

 

芥川龍之介は日本近代の有名な短編小説家である。彼の小説は深い意味を持って、特別な発想や洗練された言葉で大人気を受けった。芥川龍之介は独特な創作手法で世界に誇った。彼も「鬼才」作家と呼ばれった。この小説は『今昔物語集』『宇治拾遺物語集』から取材した。神話の色を持って、ユーモアを溢れった。古代の素材に通じて、混乱に陥った日本の現実が真実に反映した。資本社会に入った日本は階級闘争が非常に深刻で、人間性の虚栄、偽善、利己主義と言う人間性の弱さが現れた。小説は主人公禪智内供の鼻の長さの変化によって、彼の心理状態の変化や周りの人が彼の鼻に対する態度を手がかりにして、社会的評価にこだわる悲しくて、卑屈な高僧内供と同情、偽善、利己主義を持っている傍観者達の異なる人間イメージを生き生き、上手く描いた。人間性の醜さを皮肉と批判する効果を達成した。この小説を読み終わった後、芥川龍之介の鋭い筆鋒をしみじみ感じた。同情、嘲笑、利己主義という人間の弱さの醜い面も見た。

 

キーワード:人間性の弱さ;利己主義;虚栄;偽善

 

目次

謝辞

要旨

摘要

1 はじめに-1

1.1 先行研究について-1

1.2 本課題の現実価値-2

2 内供の矛盾している人間性-3

2.1 人間性の虚栄-3

2.2 人間性の哀れ-4

2.3 人間性の卑屈-4

2.4 人間性の軟弱-4

3 傍観者の不均衡な人間性-6

3.1 人間性の同情-6

3.2 人間性の冷ややかさ-6

3.3 人間性の利己主義-7

3.4 人間性の偽り-8

4 終わりに-9

参考文献-10

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部