中日刑法关于共同犯罪的比较_日语论文.doc

本文从共同犯罪的概念、共犯的分类、有组织犯罪及其预防措施四个方面出发,结合具体案例,进行中日两国立法的比较。当然,一概的评断哪国国家法律好是不明确的,因为,法律都

要旨

 

共同犯罪は世界にとって、普通の問題である。共同犯罪の社会危害性も普通単独犯罪より、大きくなる。そのことで、共同犯罪は重視されている。中日両国は、地理位置、観念及び伝統が違うから、立法においては、いろいろな差異がある。

 本文は共同犯罪の概念、共犯の分類、有組織犯罪と予防措置四つの方面から、案件を結びふけて、中日両国の刑法立法を比較する。当然、一概にどれ国家の法律がいいと判断することが明確ではない。国家の社会実際発展のために、法律は制定される。本文から、皆さんが共同犯罪を了解し、認識し、予防して欲しい。

 

キーワードー:中日両国;共同犯罪;立法差異

 

目次

謝辞

要旨

摘要

1 はじめに -1

2 共同犯罪の概念定義-2

2.1 中国の概念-2

2.2 日本の概念-2

3 共犯の分類-3

3.1  分類方法-3

3.2 具体分類-3

3.2.1 中国での共犯分類-3

3.2.2 日本での共犯分類-4

3.3 案件の分析と比較-4

3.4 日本の実際応用-5

4  共同過失と共同犯罪-6

4.1 中国での過失犯罪の定義変遷-6

4.2 中国現行刑法の規定と原因-7

4.3 日本の現実状況-7

4.4 案件の分析と比較-8

4.5 結論-8

5 有組織犯罪-9

5.1 概念-9

5.1.1 中国での有組織犯罪概念の発展-9

5.1.2 日本での有組織犯罪の定義-10

5.2 有組織犯罪の代表組織-10

5.2.1 中国の代表組織と特徴-10

5.2.2 日本の代表組織と特徴-10

5.3 有組織犯罪の予防措置-12

6 まとめ-13

参考文献 -14

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部