从《徒然草》看吉田兼好的隐遁观_日语论文.doc

为了能够对兼好的精神世界有更深的了解,想通过对《徒然草》的解读,讨论对吉田兼好的隐遁观的理解。还有围绕无常、死亡和自然美三个主题,陈述在隐遁前后思想的变化。分析他

要旨

 

吉田兼好は日本で南北朝時期に有名な歌人で、儒教、仏教と老荘学に精通している。代表作は「徒然草」で、仏門に入るの後で書いた随筆だ。日本の随筆文学の「双璧」と称される。この作品の最大の価値は趣味だ。兼好は生き生きした細かい文筆で身の回りの世態変化の観察を通して彼の感じを描写する。借りて感情を述べて、物語で生活中の道理を話す。深く考えさせられるべきだ。

 吉田兼好の隠遁観実は彼が隠遁の過程で形成する理想的な生活方式や人生観や価値観だ。また、無常観に基調する積極的に生活の無常に対処する態度だ。 兼好の精神にもっと深く了解があるために、「徒然草」に解読して、 吉田兼好の隠遁観の理解を論じる。また、無常、死亡と自然美という三つの主題をめぐって、吉田兼好は隠遁の前後が思想の変化を述べる。彼は生活でこの三つの方面にの観察と自覚を分析して、「徒然草」の隠遁観の趣味性を味わう。続いて隠遁者、隠遁の文人と中国の隠遁者に評価と描写して、その時代に隠遁者の思想風情を味わう。

 

キーワード:随筆;趣味性;隠遁

 

目次

謝辞 

要旨 

摘要

1 はじめに-5

1.1研究の動機及び目的-5

1.2先行研究-6

2 隠遁観について-8

3 隠遁観が形成する原因-9

3.1 不安定な時代-9

3.2 宗教-仏教の無常思想の流行-9

3.3 兼好の出身と個人経験-10

4 隠遁観の趣味性-11

4.1 無常の趣味性-11

4.2 死亡の趣味性-12

4.3 自然の趣味性-13

5 遁世者の思想風情-15

5.1 兼好と遁世者-15

5.2 兼好と隠遁文人-15

5.3 兼好と中国の遁世者-16

6 まとめ-17

参考文献-18

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部