从和服来看日本人的审美观_日语论文.doc

和服家纹的形成,是日本人民智慧的结晶。那么和服家纹怎么体现日本独特的审美观的呢?本文将从日本审美的“诚”“道”“哀”“禅”四方面做出详尽阐述,从而有助于进一步加深

要旨

 

 和服は日本の国の純粋と呼ばれる、ほとんど日本のシンボルだ。重大な祝日で、街のあちこちにも和服を着た日本人を見ることができる、しかし私たち中国の伝統衣装チャイナドレスは徐々に人々の生活を離れていた。日本は自然環境の影響を受けて、文化は非常に発達していて、彼らは色づくの自然で生活して、日本人の原始美意識は自然の美意識に源とされている。本文は和服の発展の歴史、和服の種類や色、パターンの特徴などの方面から日本の服装文化において表現した日本人の自然崇拝と神権信仰などの宗教意識を分析したい、和服の勉強に通じて、家紋は和服の重要な構成部分として、大和民族独特の審美情趣を反映している。和服家紋の形成は日本人民の知恵の結晶である。では、家紋は日本独特の審美観をどのように体現しているのでしょうか。本文は日本の審美の「誠」「道」「哀れ」「禅」などの4方面で詳しく述べたい。また、和服文化の勉強に対して、一定の反省を引き起こしていることができる。

 

キーワード:和服;自然美;美意識

 

目次

謝辞 

要旨 

摘要

1 はじめに1

2 和服の特徴2

3 和服の歴史3

3.1 縄文時代・弥生時代3

3.2 奈良時代・平安時代3

3.3 鎌倉時代4

3.4  室町時代   4-

3.5 安土桃山時代4

3.6 江戸時代4

4  和服の種類6

5 和服から見る日本人の美意識8

5.1 自然美 8

5.2 自然の心-「誠」8

5.3 芸の美-「道」9

5.4 景を借りて抒情する-「哀れ」9

5.5 宗教-「禅」10

6 まとめ 11

7 参考文献 12

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部