从医疗剧看中日文化差异–以《白色巨塔》和《心术》为例.doc

《心术》主要侧重于以医护人员为主线,不同病患与病例穿插其中,以医院为平台,使人们对医护人员的工作、生活以及医患关系有更清晰的认识。而《白色巨塔》作为经典日剧,侧重

要旨

 

『心術』は医療関係者をメインラインに、異なる疾病を持つ患者及び病例が混じえている。病院をプラットホームにして、人々は医療関係者の仕事、生活及び医師と患者の関係について更に認識してもらうことが窺われる。一方、『白い巨塔』はクラシックな日本のドラマで、重きのおいてるところが違ってくる。このドラマからは日本の医療制度とものものしい社会の等級制度が見えてくる。本論文はストーリーの細かいところに着目し、例えば医療の専門知識の表現方式、ストーリーの設定と細部処理などの方面から、さらに中日の文化差異を探究する。

 

キーワード:医療;中日文化の差異; 制度

 

目次

謝辞 

要旨 

摘要

1 はじめに -1

2 作品の思想内容と表現手法-2

2.1  『白い巨塔』の思想内容と表現手法-2

2.2 『心術』の思想内容と表現手法-3

3 ドラマから見た中日文化の差異-4

4  中日文化の差異への管見-7

5 中日文化の差異について-8

6 まとめ-9

参考文献 -10

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部