日本小学教育初探–以《窗边的小豆豆》为中心_日语论文.doc

本论文在研读《窗边的小豆豆》这本书的基础之上,总结这本书所体现的日本独特的教学方式,从而探讨这本书所体现出来的日本小学教育的特点,以及小豆豆的妈妈的种种行为所体现

要旨

 

『窓ぎわのトットちゃん』は日本の有名な作家、黒柳徹子の代表作である。この作品には、華やかな言葉遣いや変化に富むストーリーがないが、素朴な作風で作家自身の小学校時代の経験が語られている。本論文は『窓ぎわのトットちゃん』を読んで、この作品に描かれた日本の独特な教育方法をまとめて、描かれた日本の小学校教育の特徴を検討して、さらにトットちゃんの母親の行動から見られる家庭教育の特徴を検討する。この作品は愛で貫かれ、独特な教育方法を中心に、独特な教育の風格と人格の魅力を持つ小林先生や腕白でかわいいトットちゃんを中心の人物にしている。それによって子供に好かれる日本の小学校教育の特徴や現代の中日両国の小学校教育に対する啓発を検討する。

 

キーワード:『窓ぎわのトットちゃん』;日本の小学校教育;家庭教育;教師の重要性

 

目次

謝辞 

要旨 

摘要

1 はじめに -1

2 先行研究-2

3 『窓ぎわのトットちゃん』について-3

4 小学校教育の重要性-4

4.1 教育の本質-4

4.2 小学校教育の重要性-4

5  作品に描かれた日本の小学校教育の特徴-6

5.1 学校教育の特徴-6

5.2 家庭教育の重要性-7

5.3 現代日本の小学校教育の現状-8

6 教師の重要性-10

6.1 教師の本質-10

6.2 小林校長の人格の魅力および現代の教師に対する啓発-10

7 現代中国の小学校教育の現状-12

7.1 現代中国の小学校教育の現状-12

7.2 中国の小学校教育に対する啓発-13

8 まとめ-15

参考文献 -16

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部