巴金与岛崎藤村的同名小说《家》的比较_日语论文.doc

巴金与岛崎藤村的同名小说《家》都是描写封建大家庭的小说,两部作品都是以作家自身的生活经验为原型,描绘了封建家族制度下人们命运的束缚与人生的悲剧。由于中日两国的文化

要旨

 

巴金と島崎藤村の同名小説『家』は封建家族のことについて描いた小説である。この二つの作品は、作者自分の生活経験をもとに、封建家族制度の下で、人々は運命の束縛と人生の悲劇を描いた。日中両国の違い文化と作者の時代背景の違いで、この二つの同名の小説は封建家族文化に似ているところもあれば、また著しい違いもある。本論文はおもに、両国は異なる社会文化研究の方向や家族を見せ、ここで新旧思想交代期の両国の家庭のスタイルを体現している。

 

キーワード:『家』;巴金  島崎藤村;家族文化

 

目次

謝辞

要旨

摘要

1 はじめに -1

2 『家』の創作の出所-2

2.1巴金の『家』-2

2.2島崎藤村の『家』 -3

2.3作者が立った社会背景-4

3 『家』における人物像 -5

3.1 古い礼儀と道徳の守る者-5

3.2 新思想の覚醒者-6

2.3悲劇的な女性-7

4 結婚で屈折した封建的な家族制度-8

4.1 結婚中の女性の品質-8

4.2 封建制度への批判-9

5 まとめ-10

参考文献 -11

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部