从门牌看日本人的传承精神_日语论文.doc

在古代的中国,也有类似悬挂“表札”的传统,例如,大户人家会在自家门上挂“匾额”。但是,这种习惯在当代中国已经渐渐消失不见了,却在隔海相望的日本被传承了下来。本论文

要旨

 

日本にはどの家も玄関のすぐ横に表札が掛けられる習慣がある。表札は、日本特有なもので、日本人にとって馴染み深い存在である。中国と日本は一衣帯水の隣邦で、両国は二千年にわたる交流の歴史がある。古代の中国には、表札を揚げるような習慣もある。大家たちは自分の戸建住宅の門で「扁額」が掛けることがある。でも、この習慣は現在の中国ではもうなくなってしまった、それに対して、日本の方にはまだ伝承されている。本論文は、まず表札の基本的な知識を紹介し、どのような役割と意味があるかを論じていく。次に、表札から見る日本文化の融合性と伝承性を分析する。そして、表札を伝承できることから体現した事をお論じ、最後に我が国の文化現状と伝承に提言したいと考えている。

キーワード:表札;日本文化;伝承精神

 

目次

謝辞

要旨

摘要

1 はじめに -1

2 表札について-2

2.1 表札の歴史-2

2.2 表札の基本-2

2.3 表札と「絆」-4

3 表札から見る日本文化-5

3.1 外来文化を受け入れる-5

3.2 自国文化の伝承-6

4 日本文化から見る伝承精神-8

5 中国への提言-9

5.1 扁額の現状における考え-9

5.2 日本に勉強すべきこと-9

6 おわりに-10

参考文献-11

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部