对于夏目漱石《哥儿》中人物形象的研究_日语论文.docx

在本课题的进行中需要解决三方面的问题,首先是对作者夏目漱石进行充分的分析研究,归纳出代表性特点,其次是通过对其初期代表作《哥儿》的研究并结合作者的成长经历、社会环

要旨:夏目漱石は日本文学史における有名な作家である。大江健三郎のようにノーベル文学賞をもらったことがなかったが、其の作品は世界範囲で人々によく知られている。夏目漱石は三十八歳のときに『我輩は猫である』を発表し人々に知られたが、四十九歳の時自殺で自分の人生に句点をつけた。つまり作品を書く時間は十年あまりしかないが、いろいろなの名作を残した。その中に『坊ちゃん』という作品は夏目漱石が1895年愛媛県の松山中学校の先生を担当した期間に積みかさねた素材で書いた作品である。夏目漱石の作品のスタイルは大体二種類に分けている。一つは明るくて外向的な作品であるが、もうひとつは憂鬱で内向的な作品である。その明るくて外向的なスタイルは主に前期の作品に体現される。『坊ちゃん』はその代表作の一つである。坊ちゃんは世間のことについて何にも分からなくて、正直的な人である。そそっかしい坊ちゃんという主人物が大学卒業した後社会人になって、周りの卑俗人々といろいろな衝突が起きた。『坊ちゃん』は夏目漱石がそれを通じで社会の悪い現象を風刺している作品である。

本論文は作品及び作家を紹介するのみならず、作品の中に出てくるいくつかの人物について分析した。『坊ちゃん』の中に出てくる人物はいずれも特殊的な性格を持っている。それに彼らのあだ名をおろそかできない部分だと考えている。本論文は主に「坊ちゃん」、「赤シャツ」、「山嵐」及び「狐」について詳しく分析し、それを通じで作品をさらによく理解できることを望んでいる。

キーワード:夏目漱石 『坊ちゃん』 人物分析 人物性格

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに-1

2.先行研究-1

2.1国内の研究現状-1

2.2国外研究現状-2

3.夏目漱石と『坊ちゃん』-2

3.1 夏目漱石についての紹介-2

3.2『坊ちゃん』の創作背景-3

3.3 『坊ちゃん』のあらすじ-5

4.『坊ちゃん』の登場人物について分析-6

4.1坊ちゃんの性格-6

4.2 山嵐についての分析-8

4.3赤シャツについての分析-9

4.4野だについての分析-11

5.終わりに-12

謝辞-13

参考文献-14

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部