关于日本人的职人精神的考察–以《寿司之神》为中心_日语论文.doc

本课题需要解决三个方面的问题,首先,职人精神是在何种环境下萌芽的,以历史为依据探讨其产生的社会根源;其次,通过考察日本寿司第一人小野二郎的职人生涯,总结职人精神的

要 旨:職人とは、一定の専門的な、特に手工的な技術・技能をもって、実生活上必要な諸作業や諸物の製作に携わることを職業とする人のことである。本文では『二郎は鮨の夢を見る』というドキュメンタリーを選択して、日本の「すし第一人」という小野二郎のキャリアを考察することを通じて、日本における職人精神を検討しようとする。以下では、三つの方面から説明する。

職人精神はどんな環境で芽生えたのか、歴史背景から職人精神になった社会の根源を発見する。

(2)寿司職人小野二郎のキャリアを例にして、職人精神の本質を総括する。

(3)現代社会の特徴を結び合わせて、職人の現実な発展状況を分析する。なお、現代社会において職人精神を受け続くのは重要な意味があると思う。

 

キーワード:職人精神 小野二郎  二郎は鮨の夢を見る

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに-1

2.先行研究-2

3.職人精神とは-2

  3.1職人精神の定義-3

  3.2職人精神が置かれる歴史的な環境-4

4.『二郎は鮨の夢を見る』からみる職人精神-7

  4.1寿司職人小野二郎のキャリア-8

  4.2寿司職人小野二郎の職人観-9

  4.3寿司職人小野二郎から見る職人精神の特徴-12

5.職人精神の伝承-14

  5.1近・現代における職人社会の現状-15

  5.2職人精神を受け継ぐ意義-16

  5.3職人精神の将来-17

6.終わりに-18

謝    辞-19

参考文献-20

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部