关于日本虚拟偶像文化的考察–以初音未来为例_日语论文.doc

虚拟现实技术正在蓬勃发展,这一充满前景的高新产业也将会使虚拟偶像文化更加深入人心。而类似初音未来的语音合成软件使普通人也获得了创作歌曲的能力,一时间优秀网络音乐如

要 旨:初音ミクは、クリプトン・フューチャー・メディアが2007年発売されている音声合成用のボーカル音源およびそのキャラクターである。科学の発展に伴って、2010年3月9日の夜、株式会社セガは「初音ミク感謝際」というホログラムプロジェクタを開催した。このバーチャルキャラクターはその程度にリアルになった。バーチャルアイドルは次第にみんなに知られるようになってきた。今、日本ではバーチャルアイドル文化は急速に発展し、巨大な経済効果をもたらしてきた。

 CGM は Consumer Generated Media の略語であり、直訳すると消費者生成メディアである。CRYPTON社がこのユーザー参加のビジネスモデルを励ますことは初音ミク成功の鍵の一つであろう。

 本文は日本におけるバーチャルアイドルという新しい文化現象を考察する。具体的には、初音ミクの誕生から、国内・外の優秀な研究成果を参考しながらその成功の要因と問題点を検討しようとする。現在、中国のバーチャルアイドル文化も始まって、本文では初音ミクの運営パターンを踏まえ、中国におけるバーチャルアイドル文化の良性発展を探求してみる。

 

キーワード:バーチャルアイドル  初音ミク  CGM文化

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに-1

2.先行研究-1

3.初音ミクとバーチャルアイドル文化-2

3.1 初音ミクの誕生-2

3.2 CGM文化の高まり-4

3.3 日本におけるバーチャルアイドル文化ブーム-5

4.バーチャルアイドル文化への考察-7

  4.1 背景-7

  4.2 抱える問題点-9

  4.3 問題の対策-10

5.中国におけるバーチャルアイドル文化の良性発展-12

6.終わりに-14

謝    辞-16

参考文献-17

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部