从《公子哥》看夏目漱石的“批判精神”_日语论文.doc

《公子哥》是夏目漱石的作品成果,并且也许据说是社会性的批判意识的深度的证明。第一,简单地介绍作者夏目漱石和他的代表作品。第二,概述《公子哥》这部作品的主旨以及作品

要旨

 

夏目漱石は日本の明治時代の有名な文豪である。文学上における一番大きな貢献は、十数部の長編小説と数多くの短編小説を著作し、批判的現実主義の大きな石碑を立てたことである。彼のその批判的な現実主義精神は、その後の作家や国民の思想に大きな影響を及ぼした。

『坊っちゃん』は夏目漱石の作品であり、社会的な批判意识の深さの証明だと言われている。本稿では、第一に作者である夏目漱石や彼の主な作品を簡単に紹介する。第二に『坊っちゃん』の主旨と登場する主要人物の特徴を紹介する。第三に夏目漱石の批判精神が生じた原因を分析し、さらに彼の批判精神が当時の社会、あるいは人たちにどのような影響を与えたのかを述べる。最後に、批判現実主義の傾向が『坊っちゃん』の主旨や内容にうまく浸透されていることを立証する。

 

キーワード: 夏目漱石;坊っちゃん;批判精神

 

目次

謝辞

要旨

摘要

1  はじめに -1

1.1  夏目漱石について -1

1.2  『坊っちゃん』についての先行研究 -1

2  『坊っちゃん』における社会への批判-3

2.1  明治教育に対する批判-3

2.2  時代風習に対する批判-3

3  夏目漱石の批判精神の形成原因及び影響-5

3.1  批判精神の形成原因 -5

3.2 批判精神の影響-6

4 まとめ-8

5 参考文献-9

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部