论日本的共生和人道主义–以大江健三郎的作品为中心_日语论文.doc

本文主要从大江的三个作品入手。我们感受到强烈的社会责任感,也更加了解作品的内涵。和弱者的共生,尊重生命,善良的对待身边的人,互相理解和交流,这些都是共生的本质和积

要旨

 

大江健三郎は23歳で日本文壇に登り始めた。1994年、彼はノーベル文学賞を受賞した。二番目の日本人作家である。彼の作品主題は広くて、性、政治などの方面がある。しかし、最もシンボルのはやはり障害である。作品は彼自身の生活経験を取材し、障害児光はつまり社会の巨大な弱者層を代表した。作品から体現している問題もすべて人類の問題である。彼は障害児の態度と苦しい立場にある日本を救い出すと結びついている。

本文は主に大江健三郎の三つの作品から手に入れる。私達は強烈な社会責任感を感じている。作品の内包も良く理解した。弱者との共生し、生命を尊重し、善良で身の回りの人に対応し、お互いに理解と交流することは全て共生の本質と人道主義精神である。

今後の勉強には、大江の全部の障害テーマの作品を更に全面的な深くて理解することができる。多い弱者層を配慮し、人道主義の精神を使って積極的に生きる。

 

キーワード:大江の作品;障害テーマ;共生;人道主義

 

目次

謝辞

要旨

摘要

1.先行研究-1

1.1論文の動機と意義-1

1.2障害テーマの登場-2

1.2.1知的障害がある長男光の誕生-2

1.2.2広島への訪問-3

2.大江健三郎の作品における障害テーマの分析-4

2.1『個人的な体験』について-4

2.2『新しい人よ目ざめよ』について-5

2.3『静かな生活』について-6

3.大江健三郎の作品の文化意味-8

3.1共生-8

3.2人道主義-9

3.2.1障害児との共生-9

3.2.2核問題から-11

4.終わりに-12

5.参考文献-13

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部