论尾崎红叶作品《金色夜叉》中的“金钱观”_日语论文.doc

《金色夜叉》是尾崎红叶最后的作品。明治时期,《金色夜叉》成为国民小说,引起巨大的反响。小说以恋爱和金钱问题为中心,描写了一个爱情悲剧。揭示了明治时期日本社会金权至上

要旨

 

『金色夜叉』は尾崎紅葉の最後の作品だ。明治時期に『金色夜叉』は国民の小説になって、とても大きい反響を引き起こした。小説は恋愛と金銭の問題を中心にして、愛情の悲劇を描写した。明治時期の日本社会の金権至上の価値観を掲示した。本文はまず『金色夜叉』の創作した背景を紹介する。それから一部の内容を取り上げて、人物の金銭観を分析する。そして、研究の上で明治社会から資本主義社会まで、人間の金銭観をまとめできるのである。

 

キーワード:尾崎紅葉;『金色夜叉』;金銭観

 

目次

謝辞

要旨

摘要

1  はじめに-1

2 『金色夜叉』について-2

2.1『金色夜叉』の作者-2

2.2『金色夜叉』の背景-3

2.3『金色夜叉』の内容 -4

3 『金色夜叉』の金銭観-5

3.1 鴫沢宮と間貫一の金銭観-5

3.2 狭山元輔と柏屋の愛子の金銭観-7

3.3 鰐淵直道と鰐淵直行の金銭観-8

4 おわりに-10

参考文献-11

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部