堀辰雄生死观分析–《起风了》和《菜穗子》为例_日语论文.doc

正文部分包括①介绍堀辰雄的成长经历、社会环境、时代背景和主要作品②论述《起风了》的主要内容,及其体现的生死观③论述《菜穗子》的主要内容及体现的生死观④堀辰雄的生死

要旨

 堀辰雄(1904ー1953)は日本昭和期の新心理主義の代表作家である。彼は西欧心理主義文学の影響で、作品の手法はきめ細かくて、知的な叙情と死に直面した繊細な心理分析が得意である。彼の作品には生と死のテーマを表現することが特にが多い。『風立ちぬ』と『菜穂子』は堀辰雄の代表作である。本文は作家の生涯に切り込み、『風立ちぬ』で主人公の生死と愛情、季節と生死の関連、心の独白と魂の行方、生への憧れ、『菜穂子』で女主人公の生死を分析する。両作品の対比を通して、更に堀辰雄の死生観の発展と変化をより深く追究する。

キーワード: 堀辰雄 死生観 新生 愛

 

目次

要旨

中文摘要

はじめに-1

1. 堀辰雄について-2

  1.1生涯-2

  1.2主な文学作品-2

2.『風立ちぬ』について -3

 2.1物語の要約-3

 2.1死生についての考え-4

3.『菜穂子』について-6

 3.1物語の要約-6

 3.2死生についての考え-6

4.堀辰雄の死生観と日本の伝統的な死生観-8

  4.1 日本の伝統的な死生観-8

  4.2 堀辰雄の死生観と日本の伝統的な死生観との比較-9

終わりに-10

謝    辞-11

注  釈-11

参考文献-12

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部