浅析《古都》中的京都意象_日语论文.doc

在搜集资料的过程中,笔者发现关于《古都》的研究有许多,其中大多以《古都》的传统美、艺术美、自然美、单独某个景物或人物的意象等之中一个角度为中心展开研究,深入分析川

『古都』における京都のイメージについて

 

要旨:1968年、日本作家である川端康成は、ノーベル文学賞を日本人で初めて受賞した。彼は自然風物、女性、または登場人物の心理活動などの描写に長じる。川端の作品を読むと、その作品に醸し出される日本の美を感じられるだけではなく、人物たちの心の美しさを意識している。

『古都』は彼の受賞の3部作の一つだ。古都、つまり京都である。川端は京都を小説の舞台としてストーリーを展開し、京都の四季を手がかりとしてストーリーの発展を推進し、京都の役割はただの背景ではなく、もっと大切な「登場人物」だろうか。川端はこれほど多くの文句を使って京都を描い、その意味を探求する価値があると思っている。本文は『古都』を中心に、自然風物と人物の描写を通し、文学の巨匠である川端康成は京都に惚れ込む理由をのぞいてみる。また、川端の成長環境と結びつき、彼の内心を理解し、川端康成の描いた「京都のイメージ」を考察しようと思う。

 

キーワード:『古都』 川端康成  京都  伝統美

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに-1

2.先行研究-1

3.『古都』における京都のイメージ-3

3.1『古都』の創作背景-3

3.2『古都』のあらすじ-4

3.3自然風物の美しさ-4

3.4登場人物の特徴-7

4.川端と京都の繋がり-9

5.終わりに-10

謝    辞-12

参考文献-13

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部