从《刺青》看谷崎润一郎的女性崇拜主义_日语论文.doc

首先,要深入解读小说《刺青》,分析出人物形象的深刻含义,把握小说所要表达的思想。其次,要了解谷崎润一郎的人生经历,创作背景,只有在了解了《刺青》是在作者拥有了怎么

『刺青』における谷崎潤一郎の女性崇拝主義

 

要 旨:谷崎潤一郎は日本耽美主義の作家として、鮮やかな悪魔主義を持ち、文章の終始を一貫している。『刺青』は谷崎潤一郎の処女作で、作者自身にとっては、谷崎文学の基礎になると言われている。谷崎潤一郎は女性の肉体の美しさを通じ、官能美を表現し、サディズムとマゾヒズムのなかに変態な喜びを感じる。『刺青』に関する研究を通し、谷崎潤一郎の女性の崇拝主義の発生した原因を究明することと女性の崇拝主義の発生した原因の合理性に言及したいというのが本稿の目的である。出身や環境が彼の性格、人生観、作風を決定した重要な原体験といえるという点から着筆する。

キーワード:谷崎潤一郎、刺青、女性崇拝主義、娘、変身

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに-1

2.谷崎潤一郎の作品の最大要素-2

3.『刺青』に関する分析-3

3.1「クモ」-3

3.2主人公の清吉-4

3.3「娘」の変身-6

3.4「娘」と清吉-7

3.5作者の意図-7

4.女性崇拝主義の発生した原因-8

4.1母親からの影響-8

4.2生活環境の変化と創作背景からの影響-9

4.3作者自身の宿願-10

4.4耽美主義思想からの影響-11

5.終わりに-11

謝    辞-12

参考文献-13

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部