从日本的各种社会文化看日本人的勤勉_日语论文.doc

本稿从加班的现状、集体意识、武士道精神、儒教等4个方面分析,探索其根源和原动力。在以下,首先简单叙述加班的定义和现状,然后通过对日本人加班原因的分析,来尝试从各方面

要旨

 

日本は長時間労働であるということが指摘され。

日本の労働時間の多くは、長い時間の残業や休日出勤などをしており国際的にも「よく働く日本人」は有名になっており、欧米諸国から働き過ぎの日本人との批判もでています。

いったい、日本人がなぜこのようによく働くのか。

本稿は残業の現状,グループ意識(集団主義),武士道精神,儒教という4つの面から分析し、その根源と原動力を探してみたい。以下においては、まず残業の定義と現状について、簡単に述べ、次に日本企業で残業が盛んでいる原因の分析を通じて、この勤勉さという国民性を各面から考えてみよう。

 

キーワード:長時間労働;日本企業;残業;勤勉さ;文化

 

目次

要旨

中文摘要

1、はじめに1

2、企業文化から見る日本人の勤勉さ1

  2.1残業文化から

 2.1.1 残業とは何か

   2.1.2 残業の現状 

2.2、終身雇用制度から

2.3 年功序列制度から

3、グループ意識(集団主義)からみる日本人の勤勉さ2

4、武士道精神から見る日本人の勤勉さ3

5、儒教から見る日本人の勤勉さ4

6、終わりに4

参考文献6

谢辞7

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部