关于《哈尔的移动城堡》的分析–以隐喻为中心_日语论文.doc

在本论文里,笔者尝试从暗喻这个角度去分析该影片中出现的上述焦点问题,对于战争的背景、人的价值、移动城堡的含义等提出了薄见。影片中的苏菲时而年轻时而年迈,宫崎骏其实

要旨

 

一粒の光り輝く星と誉められた宮崎駿は日本の有名なアニメーション作家、映画監督、漫画大師である。彼の一切の作品は伝統的なアニメと違って、しきたりを打ち破って、社会意識、人間本位の価値観及び人間性を主題にするアニメである。2004年に『ハウルの動く城』は上映されて、二日間だけでとてもいい興業成績を取った。しかし、多くの観客の反映から見て、その深い意味によく理解できない。その前に作られたアニメと違って、今回の『ハウルの動く城』は全編にいろんな意味と暗喩が宝石箱のように散りばめられている。たとえば、この映画で、戦争を言及するが、どうして直接に戦争の場面を描かない。主人公ソフィーはどうして若かったり年を取ったりするのか。ハウルはどうして悪魔と契約を交わすのか。こういう疑問は論争の焦点になる。

今回、私は上述した疑問をめぐって、暗喩という側面を中心にして、この映画の内容を分析してみた。戦争の背景、人間の価値、動く城などに自分の見方を提出した。宮崎駿がこの映画を通して、人間に以下の内容を見せたいと私は思う。第一は人間の価値は年齢と関係がなく、自分の気持ちで決めるということである。若いソフィーは自分の外見に自信がなく、90歳のおばあさんになってから、むしろ自由を感じて、魅力がある。第二はハウルが強い魔法を取るために、自分の心臓によって悪魔と契約を交わすということである。『千と千尋の神隠し』の中で偶然から生まれたカオナシというキャラクターが内面に抱えるその漠然とした空虚さとほとんど同じことである。自分を見失った。そのほか、宮崎駿はこの映画で戦争の場面を少し言及して、しかし、彼は主人公が兵器と融合して、暗喩の手法で戦争への嫌いを表現することが明らかである。

 

キーワード:暗喩;城;人間の価値;戦争;兵器;カオナシ

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに1

1.1『ハウルの動く城』について

1.1.1宮崎駿について

1.1.2『ハウルの動く城』のあらすじ

2.『ハウルの動く城』についての表面的な分析2

2.1人物の分析:主人公たち

2.1.1 ハウルの分析

2.1.2 ソフィーの分析

2.2 成功する要素

2.2.1久石譲の音楽

2.2.2技術を利用すること

3.ハウルの動く城の暗喩について私的な考察.4

3.1 おばあさんになったソフィーから見た人間の価値

3.1.1人間の価値は年齢と関係ないこと

3.1.2自分の気持ちで人間の価値を決めること

3.2 ハウルから見た現代人のカオナシ

3.3城の崩壊と再生:母なるものからの分離と誕生

3.3.1城と母なるものの意味

3.3.2城からの分離と誕生

3.4戦争について

4.結論.10

5.おわりに.10

参考文献.12

謝辞

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部