芥川龙之介的中国观研究-以《中国游记》为中心_日语论文.doc

本研究以芥川龙之介的中国观为中心,通过芥川龙之介在《中国游记》中的描绘来深入挖掘他对中国的印象。关于芥川龙之介的中国观的研究,中日两国的学者都在这方面积累了丰富的

要旨:芥川龍之介は、1921年3月から7月までの4ヶ月間、大阪毎日新聞社の海外視察員として中国を訪れ、各地を訪問した。帰国後、大阪毎日新聞に掲載された紀行文等を中心にまとめられたのが『中国游記(しなゆうき)』(改造社、1925)である。この中国行きを通して、芥川は想像と全く異なっている中国を見、そして、新しい中国認識を形成した。この旅行後、芥川の心身が衰え始まる。いったい、芥川は中国で何を見たのだろうか。

 『中国游記』は「上海游記」、「江南游記」、「長江游記」、「北京日記抄」、「雑信一束」で構成されている。その中に芥川の中国見聞が記述され、近代中国の社会現状が反映された。本文は歴史を還元する方法、及び史実と結んで、比較分析を行う方法を運用し、また、芥川龍之介の『中国游記』を全面的に解読しながら、その中で表現された中国像と芥川の中国観を検討する。

キーワード:芥川龍之介  中国観  中国遊記  中国像

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに-1

2.先行研究-2

3.当時の日本と中国の社会背景-3

 3.1 芥川龍之介の生涯-3

 3.2 日本と中国の社会背景-4

4.『中国遊記』で記述された中国像-6

 4.1上海について-7

 4.2江南について-8

 4.3長江について-10

 4.4北京について-10

5.芥川龍之介の中国観について-12

6.終わりに-13 

謝辞-14 

参考文献-15 

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部