平安时代权力斗争下女权文学的发展–以清少纳言和紫式部为例.doc

本研究以平安时代的女权文学为中心,通过对紫式部和清少纳言这两位著名地女性文学家及其作品来对当时女权文学繁荣的背景,条件,对现世的影响进行研究。关于这方面的研究,中

要 旨:平安時代は素晴らしい時代である。この時代における日本は大きな変革があった。政治で古代律令制から摂関政治へかわった。経済で田堵制に班田制は代えられた。文化におけて「漢風文化」から「和風文化」への過渡期になった。文学でも漢文学の全盛期を過ぎて、和文学の発展を重視した。特に女権文学の発展はめざましい。例えば、紫式部の『源氏物語』や清少納言の『枕草子』などの名作は今まで人にあいされている。

 本文は平安時代の社会背景のもとでこの時代における女権文学が発展する条件と原因を探る。「平安文学双壁」と言われた紫式部と清少納言と彼女たちの作品に重点を置く。平安時代における女権文学の特色と後世女性文学への影響を更に研究する。

 

キーワード:平安時代 摂関政治 女権文学 紫式部 清少納言

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに-1

2.平安時代の文化と文学-1

3.発展の条件-2

3.1摂関政治-2

3.2仮名の発明-4

3.3先駆としての『土佐日記』-5

4.紫式部と清少納言の戦い-6

4.1身分と政治立場-6

4.2人生の体験と性格-7

4.3作品の特徴-10

4.4女権文学の発展-10

5.終わりに-13

謝    辞-15

参考文献-16

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部