戦後日本女性結婚観の変遷について_日语论文.doc

日本女性不婚、晚婚等婚姻观,反应了社会以及女性自我意识的进步。而从降低了的日本社会的人口出生率来看,加速了日本少子老龄化的进程,对日本社会也造成了极为消极的影响。

要旨

 

戦後最初の60年余り、日本女性の結婚観が変化しつつある。本論文では、女性自身の価値観の変化、経済の独立化と生育観などから、日本女性の結婚観の変化の原因を分析する。

日本の女性の非婚、晩婚などの婚姻観は社会と女性自身の意識の進歩を反映する一方、出生率を減少させるという面から見ると、少子高齢化に拍車をかけていくことになる。しかしこれらの現象は別に女性からのコントロールではなく、社会のある発展段階の必然的な産物であると思う。

キーワード:晩婚化;非婚化;離婚ブーム;少子化;老齢化

 

目次

要旨

中文摘要

1. はじめに.1

2.戦後日本女性結婚観変遷の表現1

2.1非婚化

2.2晩婚化

2.3離婚ブーム

3.結婚観変遷の原因2

3.1女性の自己価値観の変化

3.2経済上の独立

3.3現代生育観の影響

4.結婚観変遷の影響.3

4.1社会と女性自身の意識の進歩

4.2目立つ少子化   

4.3著しくなる老齢化

5.おわりに.4

参考文献.5

謝辞

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部