中日集团意识比较研究_日语论文.doc

本文首先分别介绍了中日两国集团意识的形成、特征以及对各自国家的影响。其次讨论了中日两国集团意识的差异及其原因。最后考察了从集团意识出发中日两国应互相学习的地方

要旨

 

集団意識は中日両国の伝統文化の重要な構成要素である。集団意識というのは個人は自分が所属している組織や集団に強烈的な帰属感を持って、自分を犠牲にしてもその集団のために忠誠を尽くす精神である。集団のメンバーとして、始終集団との一体化を図り、忠誠を堅持し、集団の栄辱を共にすべきである。集団意識が日本人の最独特な国民性だといえる。日本人が強い集団志向を持っている。しかし、日本だけでなく、中国にも集団意識が見える。それでは、中日の集団意識はどんな違いがあるか。両国にどのような影響をもたらすのか。

本論はまずそれぞれ中日両国の集団意識の形成、特徴及び各国への影響を紹介する。次は中日両国の集団意識の違いとその原因を研究する。最後、両国の間で、互いに学ぶべき集団意識を考察する。

 

キーワード:中日;集団意識;違い;原因

 

目次

要旨

中文摘要

1. はじめに1

2. 中国の集団意識について.1

2.1中国の集団意識の形成

2.2中国の集団意識の特徴

2.3中国の集団意識の影響

3. 日本の集団意識について.2

3.1日本の集団意識の形成

3.2日本の集団意識の特徴

3.3日本の集団意識の影響

4. 中日集団意識の差異とその原因について3

4.1中日集団意識の差異

4.2中日集団意識の差異の原因

5. 集団意識から中日両国互いに学ぶべきこと 5

6. 終わりに6

参考文献7

謝辞

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部