从日本企业终身雇佣制看日本的企业文化–松下(中国公司)为例.doc

第三,“公司就是家”的理念。日本的终身雇佣制是发展了的家族制度。日本企业十分注重感情投入,给予职工家庭式关心。员工对企业尽职尽忠,反过来企业并不亏待员工本身。因此

要旨

 

終身雇用制は日本特有の経営モデルだ。20世紀90年代以後、日本経済の長期不況により、日本企業の終身雇用制度も絶えず批判と非難にあった。グローバル経営環境の変化に適応するため、その雇用制度の構成要素に一連の調整をした、まだ日本経済の発展に大きな力を発揮する。

本論文では、日本企業からの終身雇用制を基礎とする、その体現した日本企業文化を分析する。

まず、忠誠である。「雇い者や雇われてい者の関係は結成した以上、婚姻関係のように非常に厳しい。社員は仕事を神聖なことや生活の保証や離さないのチェーンと思いこむ。」企業の従業員として職務にを使命として、初級から幹部社員までは、一生会社への忠誠の信念で仕事をする。

その次、団結である。すべての社員も会社に忠誠を尽くし、企業の発展とより強い目標を持って、かつこの方向に向けて努力してはじめて、企業が凝集力があることができる。すなわち団結の精神。この共同の目標を追求するのを駆使し、従業員も、団体協力精神を持ってから、個人の得失を考慮しなくて、個人の英雄主義をしなくて、協力で完備に仕事をすると思う。どんな罰も名誉も、全体のグループの、ある人のではない。

第三、「会社は家である」の理念。日本の終身雇用制とは発展していた家族制度である。日本企業は十分に感情を重視し、社員に家庭的関心を与える。社員は会社に忠誠を尽くし、逆に企業は社員に当たったことはありません。それから企業の人間関係が打ち解けて、義理人情を重視する雰囲気を作る。社員は会社に家と見なしている。

まさに終身雇用制があった発展苦境のように、日本企業文化が絶えず新しい経営モデルに適応したチャレンジを直面していると言えよう。

 

キーワード:終身雇用制;.忠誠;団結;従業員

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに-1

2.日本企業の終身雇用制-1

3.終身雇用制の特徴から見る日本の企業文化-1

   3.1日本企業の求人スタイルから見る「人本位、人の育成」企業文化

   3.2「終身制」から見る日本企業の「安定性」

4.終身雇用制のメリットから見る日本企業「家」文化3

   4.1社員の忠誠心

   4.2チームワーク

   4.3「家族制度」

5.終身雇用制の発展から見る日本の企業文化-4

   5.1終身雇用制の衰退

   5.2終身雇用制の改革から人事制度の柔軟性への転換

6.松下電器(中国会社)の企業文化5

7.結論6

参考文献-7

謝辞

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部