宫崎骏作品中的生态意识–以《幽灵公主》为例_日语论文.doc

宫崎骏是日本漫画的集大成者,在日本动漫界可以说是一位非常有资质的人。在日本国内外享誉盛名,他的《幽灵公主》在东京国际电影节荣获最佳视觉效果奖、最佳电脑动画设计奖、

要旨

 

宮崎駿は日本のアニメーションの集大成者で、日本アニメ界のカリスマ的な存在であるとも言える。日本国外からの評価も非常に高く、彼の『もののけ姫』は東京国際映画祭で最優秀視覚効果賞、最高のコンピュータ·アニメーションのデザイン賞、最優秀編集賞とベストダビング賞を受賞した。多くの学者は、社会学や美学、映画学にわたる広い分野において宮崎駿のアニメーションを深く研究し、注目する成果をあげる。本稿では、生命存在に対する認識、自然への賛美と回帰の訴求という3つの部分に分けて、アニメーションにおける生態意識を儀論する。それによって、宮崎駿のアニメーションに対する理解を深め、日本の独特な文化をより深く理解しようとする。

 

キーワード:生態意識;生命存在;自然;回帰

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめ1

2. 宮崎駿の生い立ち.1

3.宮崎駿アニメーションにおける生態意識.2

3.1「もののけ姫」で生態意識を議論する理由

3.2「生態意識」とは何か

 3.3「もののけ姫」における生態意識

3.3.1生命存在に対する認識

3.3.2自然への賛美

3.3.3回帰の訴求

4.結論11

参考文献12

謝辞

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部