格助词「に」和「で」的误用_日语论文.doc

前言部分介绍了论文的选题原因,研究意义,以及论题的研究现状。正文第一部分介绍了「に」的语义分析,第二部分介绍了「で」的语义分析,第三部分结合针对二、三年级的问卷调

要 旨:日本語の名詞の格は格助詞で表すのに対し、中国語の名詞の格は介詞や語順で表すのである。日本語の格助詞は様々な用法があり、それぞれの意味を表す。そのうえ、違う格助詞は同じ意味を表すことができる。だから、日本語学習者にとって、格助詞はとりわけ難しい分野と言われている。

今まで、格助詞「に」と「で」に関する研究はよく行われているが、その誤用の原因に対する分析が少ない。従って、本論は先行研究のうえで、格助詞「に」と「で」の誤用状況、及びその誤用の原因に関して、詳しく検討してみる。

今回行われたアンケート調査によると、格助詞「に」と「で」に関して、場所と原因を表す場合に間違えやすく、到着点を表す「に」と手段を表す「で」も、よく間違えてしまうことが明らかになった。

キーワード:「に」 「で」 語義  誤用 

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに-1

2.先行研究-1

2.1日本における先行研究-1

2.2中国における先行研究-2

3.格助詞「に」の語義分析-3

4.格助詞「で」の語義分析-5

5.格助詞「に」と「で」の誤用分析-6

5.1場所を表す「に」と「で」の誤用-7

5.2原因を表す「に」と「で」の誤用-8

5.3到着点を表す「に」と手段を表す「で」の誤用-9

5.4様態を表す「に」と立場を表す「で」の誤用-9

5.4他の問題について-10

6.終わりに-10

謝    辞-12

付   録-12

参考文献-13

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部