浅析大江健三郎文学与存在主义文学的关系_日语论文.docx

本论文大江健三郎的存在主义文学为脉络,通过分析大江健三郎的文学作品以及结合大江所处的时代的历史知识,政治问题,对大江健三郎的存在主义文学进行一定的探讨,深刻了解大

大江健三郎文学と実存主義について

 

要 旨:西洋の実存主義は、二十世紀の初めごろにはすでに日本に伝わった。大江健三郎が文学創作を始めた時期は、ちょうど実存主義が日本で流行っていたときだった。フランス文学を専攻としている大江健三郎は、その思想に深く影響された。大江健三郎は実存主義を単にまねただけではなく、さらに超越した。大江健三郎は、文学創作の形で人類の生存意義を探索した。東方特色の実存主義の道を歩みだした。東方文学のしさいと西方の実存主義を有機的に融合させて、人類の精神の家を立て直すのに可能な哲学根拠を提供した。

小論では、大江健三郎に関する今までの国内外の先行研究を踏まえて、テキスト分析の方法で、大江健三郎文学と実存主義という角度から研究を進める。まず、大江健三郎の実存主義文学の歴史背景を遡る。それから、大江健三郎の実存主義文学の特徴を分析する。最後に、日本文学への影響を論じする。

 

キーワード:大江健三郎  実存主義  サルトル  荒誕  辺縁

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに-1

2.大江健三郎の実存主義文学の歴史背景-3

2.1戦後の日本の政治と社会状況-3

2.2西洋の実存主義文学の影響-4

2.3大江自身の経験-5

3.大江健三郎の実存主義文学の特徴-7

3.1前期の特徴-7

3.2後期の特徴-9

4.日本文学への影響-11

5.終わりに-13

謝    辞-14

参考文献-15

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部