太宰治的悲观主义–以《人间失格》为中心_日语论文.docx

本论文以太宰治颇具影响力的作品《人间失格》为例,深入探讨他的悲观主义的内因和外因,分析他的悲观主义带来的普遍意义和现实意义。国内外关于太宰治的相关研究如下:(1)日

太宰治の悲観主義――『人間失格』を中心に

 

要 旨:太宰治(1909-1948)は日本の戦後の無頼派の代表的な文学家である。旧秩序、旧道徳に反したことで、世間によく知られている。太宰治は短い一生で、小説や随想などを数百編残した。太宰文学は日本文学界の異質として、社会に広い影響を及ぼしたばかりでなく、代々の青年にも深い影響を与えた。 

 彼のすべての作品では、最も影響力がある作品は『人間失格』である。この作品は精神的自伝の要素を含み、生涯の総決算と指摘される。今でも、若者に好まれている。

 『人間失格』の中には、鮮明な「生まれて、すみません」という悲観主義の思想がある。筆者は自伝小説といわれる『人間失格』を中心に、太宰治の悲観主義とその原因を検討する。

キーワード:日本 太宰治   悲観主義  『人間失格』

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに-1

2. 太宰治と悲観主義-2

2.1悲観主義-2

2.2太宰治の悲観主義-3

3.太宰治の悲観主義の原因-3

3.1家庭の環境-3

3.2社会の背景-5

3.3自身の性格-6

4. 『人間失格』と太宰治の悲観主義-8

4.1『人間失格』のあらすじ-8

4.2創作思想-9

4.3悲観主義の具体的な表現-10

5.終わりに-12

謝    辞-13

参考文献-14

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部