在华日本料理店的本土化发展–以北京的日本料理店为例.doc

本论文以日本料理店在中国的经营历史为脉络,通过分析日本料理店面对中国社会变化发展做出那些相应的调整,以探求如何更好地在中国推广日本饮食文化,加强中日民间文化交流。

中国における日本料理店の本土化——北京の店を例に 

 

要旨:近年、中国経済の急速成長につれて、中国人の食生活が豊かになり、世界各国の料理も中国に進出している。日本料理は最初に早く進出した外国料理の一つとして、次第に中国人の食生活に浸透し、人気が高まっている。

多種多様な日本食レストランは北京に進出し、経営もますます厳しくなっている。環境の変わりとともに、経営者は様々な対策を出している。本文は北京におけるの日本料理店を例に、中国における日本料理店の本土化発展過程を探している。まず、北京の日本料理の歴史背景と現状を分析してみる。そして、経営形態と戦略から北京における日本料理店の変わりを取ってみる。さらに、その分析を踏まえて、具体的に北京における日本料理店の本土化発展を研究する。終わりの部分において、以上各章の分析をまとめながら、結論を出すと同時に中国における日本料理店の本土化の未来を期待している。

キーワード: 北京 日本料理店対策 本土化

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに -1

2.先行研究-2

 2.1国外の先行研究-2

 2.2国内の先行研究-3

3.北京の日本料理市場-3

 3.1北京の日本料理市場の歴史背景 -4

 3.2北京の日本料理市場の発展現状-5

4.北京における日本料理店の本土化表現-6

 4.1経営形態-6

 4.2経営戦略-9

5.終わりに-11

謝辞-13

参考文献-14

付録-15

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部