《万叶集》中樱花形象的研究_日语论文.doc

樱花对于日本人而言,并不是单纯的植物, 可以说是最为典型的象征。这种与生俱来的樱花意识对日本的民族性产生了 深刻的影响。但是,时代在变迁,这种意识也在随之发生变迁。本

『万葉集』における桜イメージに関する研究

 

要 旨:日本平安時代桜を詠んだ歌がたくさんある。それらの和歌はすべて実際の景色を唱えるのだろうか。それらを詩歌創作の歴史的な背景、同じ時代生まれた民謡及びその時中国における桜を詠んだ作品と比べて、「非現実」の花が多く見つかった。『万葉集』は、日本において7世紀後半から8世紀後半ごろにかけて編まれた現存する最古の和歌集である。本稿では、『万葉集』を例として、和歌に出てくる桜の象徴意義を考察してみる。最後に出した結論は真実の桜というよりはむしろ幻の桜だということである。つまり、この作品に出てくる桜は心地の花で、政治的で不可欠のシンボルである。

 

キーワード:万葉集 桜 象徴意義

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに-1

2.桃の花からの昔話-3

3.詩歌の中にある日本の桜-7

4.日本人の反応-10

5.終わりに-12

謝辞-14

参考文献-16

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部