从《心》透视夏目漱石的个人主义观_日语论文.doc

前言部分介绍了论文的研究意义,论题的研究现状与论文的研究目的与研究方法。正文通过对《心》这篇文章里人物的分析把握来归纳出人性的冲突及表现出的个人主义观,从内因与外

『こころ』から見る夏目漱石の個人主義観

 

要旨:夏目漱石は日本近代の立派な文豪であり、明治社会に対して一生は批判的思考態度を持ち、個性的で、多彩な芸術才能を持つため、日本近代の文学史で重要な位置を占めている。『こころ』という長編小説は大正三年(1914年)4月に発表され、夏目漱石の後期の代表作の一つである。この作品は明治時代の知識人の中のエゴイストの憎らしい、痛ましい、嘆かわしい内心世界を見事に表現し、夏目漱石の「個人主義」という思想に対する認識も、「個人主義」と国家主義の関係も表現した。本研究は『こころ』に対する分析を中心に夏目漱石の個人主義観を研究し、当時の社会背景で伝えようとした思想を示し、さらに夏目漱石とその文学作品を深く理解しようと思う。

キーワード:夏目漱石   『こころ』  個人主義

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに-1

2.先行研究-1

3.夏目漱石と『こころ』-2

3.1夏目漱石の生い立ち-2

3.2『こころ』の創作背景-4

3.3『こころ』のあらすじ-5

4.『こころ』におけるエゴイストの思想と夏目漱石の個人主義観

4.1『こころ』におけるエゴイストの思想-6

4.2夏目漱石の個人主義観-8

5.夏目漱石の個人主義観の形成原因-9

6.終りに-10

謝辞-12

参考文献-13

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部