从外来语和常用汉字来看日语的包容性_日语论文.doc

从日本外来语和常用汉字的发展历史和发展过程中所采用的方法来看,日语本身所具有的包容性是外来语和常用汉字输入与发展的根本原因。由于日语的名词不存在单复数和词性的变化

要旨

 

日本は一つの島国で、相対的な閉鎖的な地理環境を形成したので、古代の日本が他国のと交流はほとんどなかった。中国の漢字が日本に入る前、日本では話し言葉があるけれども書き言葉がない。漢字が日本に入ってから、日本人は漢字を応用する過程ちゅう、それを元として自国の文字――仮名を創造した。これから、ずっと明治維新までに、中国語文化の影響を受けてきた。その後、日本は欧米諸国と付き合って西洋の先進的な科学と文化を学んで国力を高めるため、外来語を取り入れた。一定の時間の発展を経て、日本民族の特色がある新しい外来語を創造した。この過程の中で、おろそかにしてはならないのは日本国民の創造する能力と独特な文化の心理である。このような背景のもとに形成されてきた日本語は構造が複雑で、内容が広範で、関連した領域が多種多様である。しかし、注意にたえるのは、これらの領域がすべて原産国の最も先進的な領域なのである、つまり、日本の取り入れた文化はすべて原産国の先進的な領域のものである。

 日本の外来語と常用漢字の発展歴史から見ると、日本語自身の収容性は外来語と常用漢字の発展した根本的な原因であると思う。日本語では、名詞の単数複数と単語特性などの変化が存在しないため、いかなる外来名詞はすべて日本語になることができた。つまり、日本語はいかなる外来名詞を吸収することができる。これらのメリットは、ほかの外来語彙を無限的に日本語の中に吸収することができるといったわけである。だから、日本に取り入れた外来語がたくさんあるのだ。それと同時に、日本語の再生力と収容力のもとで、日本語を応用する日本人も外来の物事を排斥しなかった。日本人は他国の物事に対して趣味があって、外国好きの独特な心理も持っている。このため、日本人が他国の文化に対した態度は改造と参考である。外来の文化を取り入れて改造した後で、自国の応用に適する文化になって、それに日本の特性を与えた。日本語の特性は大体収容性、斬新性、婉曲性に分けることができる。本文は日本語の中の外来語と常用漢字の定義、歴史、変遷とその応用方法、作用、共通点などから述べようとして、それによって、日本語の収容性を詳しく見たいと思う。

 

キーワード:外来語;常用漢字;収容性

 

目次

要旨

中文摘要

1.序言1

2.日本語の外来語の紹介1

  2.1日本語の外来語の定義

  2.2日本語の外来語の歴史

  2.2.1室町時代(14―16世紀)

  2.2.2江戸時代(17―18世紀)

 2.2.3明治維新から二次大戦の終わりまで(19世紀―20世紀)

  2.2.4第二次世界戦争の後(20世紀―今まで)

2.3日本語の外来語のローカル化

  2.3.1日本語の外来語の音訳と意訳

 2.3.1.1音訳

 2.3.1.2意訳

  2.3.2、形式と構成の変化

2.4日本語の外来語の作用

3.常用漢字の紹介4

 3.1常用漢字の定義

 3.2常用漢字の歴史

3.2.1明治維新の前

3.2.2明治維新の後

3.2.3第2次世界大戦の後

 3.3常用漢字のローカル化

3.3.1音読と訓読

  3.3.1.1音読

  3.3.1.2訓読

3.3.2字形と字義の変化

  3.3.2.1字形の変化

  3.3.2.2字義の変化

 3.4常用漢字の地位と使用現状

4.結論 6

5.おわりに.6  

  参考文献7

謝辞

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部