芥川龙之介初期作品中的利己主义和集团意识-罗生门,鼻子,蜘蛛丝.doc

本文并不仅仅只是分析他初期小说中的利己主义思想,更是结合日本传统的集团意识来看芥川小说的思想内涵。首先,介绍芥川先生的生平及所处社会背景,这样有利于分析他的创作背

要旨

 

芥川龍之介は日本近代の有名な短編小説家である。彼の作品には人性の醜いを描写したり批判したりするものが多い。そして、当時の闇の社会の現実を非難する作品もある。芥川の初期小説を一言で言えばエゴイズム文学であると言えよう。『羅生門』と『鼻』と『蜘蛛の糸』は彼のエゴイズム文学の代表作である。

本稿は芥川の初期小説の中の利己主義を分析するだけでなく、日本伝統の集団意識と共に芥川の小説の思想を理解する。本稿は芥川さんの生涯と社会背景から、彼の創作の背景と動機を分析する。利己主義と集団意識の概念について説明し、この三つの代表的な小説をめぐり、小説の中の利己主義と集団意識を分析する。最後に、芥川さんの家庭と社会環境から、彼の思想の形成の原因を討議する。それに基づき、彼が人性および人生に対しての考えをよく理解する事が出来る。要するに、今までの芥川の利己主義思想に対しての研究に基づき、新しいの角度から芥川の小説の内容を詳しく分析する。

 

キーワード:芥川龍之介;利己主義;集団意識

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに1

1.1芥川龍之介の紹介

1.2『羅生門』と『鼻』と『蜘蛛の糸』のあらすじ

1.2.1『羅生門』のあらすじ

1.2.2『鼻』のあらすじ

1.2.3『蜘蛛の糸』のあらすじ

2. 利己主義と芥川の初期作品3

2.1利己主義とは

2.2『罗生門』の中の利己主義

2.3『鼻』の中の利己主義

2.4『蜘蛛の糸』の中の利己主義

3.集団意識と芥川の初期作品.6

3.1集団意識とは

3.2『罗生門』の中の集団意識

3.3『鼻』の中の集団意識

3.4『蜘蛛の糸』の中の集団意識

4.芥川初期作品の中の利己主義と集団意識の形成の原因9

4.1家庭環境の影響

4.2社会環境の影響

5.終わりに11

参考文献.12

謝辞

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部