浅谈森田疗法与中国传统文化的关系_日语论文.doc

本文拟从跨文化的角度,通过对森田疗法主要内容及其与中国传统文化中的道教,儒学和禅宗的比较与继承方面的研究,以及森田正马的个人经历对该疗法创立的影响的探讨,旨在突出

要旨

 

森田療法は日本の精神医学家森田正馬によって1919年に創立され、現在公認される神経質症、特に強迫症、不安障害などの治療において有効な療法である。その治療方法のため、森田療法はまた、「臥床療法」、「家族療法」、「再教育療法」、「社会復帰療法」とも呼ばれている。

森田療法は家々の長さとそれらの合理的な部分を結合する。また、森田療法の理論は、いくつかの禪宗用語のような言葉を使い、濃厚な東方文化の意味があるといえる。それだけではなく、森田療法と中国の伝統的な「無為」思想は同様に、不偏不党、極端に走らなくて「無為」から「有為」になることを主張する。

本稿は、異文化の角度から、森田療法の主要な内容及びそれと中国の伝統文化の道教、儒学との比較や継承の方面を研究し、森田療法と中国の伝統的な文化の関係や中日両国の間で文化交流の長い歴史を検討する。

 

キーワード:森田療法;文化;仏家;道教;比較

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに. .1

1.1先行研究

1.2研究の方法

2森田療法とは   2

  2.1森田療法の創立

  2.2森田療法の定義

  2.3森田療法の治療原理

 2.3.1「受容モデル」

 2.3.2「行動モデル」

  2.4森田療法の治療方法

 2.4.1入院

  2.4.2通院

  2.4.3そのほか

 2.5治療結果

3森田療法と中国の伝統文化    4

3.1道教思想と森田療法

3.1.1あるがままと無為

3.1.2清静と治療の方法

 3.2仏教思想と森田療法

3.2.1一切皆苦と受容

3.2.2諸行無常と治療の可能性

4おわりに  .5

参考文献.7

謝辞

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部