浅谈中日狐文化的比较–《聊斋志异》和《夜窗鬼谈》为中心.doc

国清代著名小说家蒲松龄所著的《聊斋志异》集古代“狐”事之大成,人物形象描写生动,故事情节曲折离奇,文笔简练,具有极高的艺术成就。而在日本,公元九世纪的《日本灵异记

要旨

 

昔から、中日両国民は狐に対して特別な感覚や信仰を持っている。それで、いろいろな伝説や逸話が伝承されてきた。また、狐も文学作品の主要な構成要素になった。人間、鬼、神様のいずれとも違って、特殊な存在だと思われ、文化的意味が深く託されている。

 中国の清代の有名な小説家である蒲松齢が書いた『聊斎誌異』には「狐」に関する物語がいっぱいある。人物イメージの描写が極めて生き生きしており、物語の筋が奇抜で込み入っている。言葉使いもが洗練されていて、芸術的な価値が高い。それに対して、日本では、9世紀の『日本霊異記』には狐に関する説話も載っているが、『聊斎誌異』と深い関係がある『夜窗鬼談』の中にも巧みな構想をなしている狐の物語がたくさん入っている。

 本稿の序論は狐文化の定義を説明する。この論文の研究背景を総括し、中日狐文化の研究目的を指摘する。

 第一部分は、中日狐文化の歴史を簡単に紹介する。両国の狐文化の起源や発展の過程など、まとめて述べられる。

 第二部分は『聊斎誌異』と『夜窓鬼談』を中心に分析を進めたいと思う。内容は三部分に分けられる。まず、この二冊を選択する理由を言う。その後、二冊に出てきた狐のイメージの分類について、詳しく紹介する。最後は狐のイメージの異同点を整理し、その生じた原因を求める。日本文化は中国から伝わったものをまねするものが多いが、狐に関する観念や態度はどうであろうか、そして、民俗性はどう違うのか、この部分で検討してみる。

 結論では、この論文の内容を総括し、不足点なども指摘する。狐文化の始祖は中国であるが、日本文化は外来文化を吸収すると同時に、本国の特色は失わないと説明する。

 

キーワード:中日狐文化;起源や発展;『聊斎誌異』;『夜窓鬼談』;狐のイメージ;異同点

 

目次

要旨

中文摘要

1.序論1

2.狐文化の歴史2

2.1中国狐文化の起源と変遷

2.2日本狐文化の起源と変遷

3. 『聊斎誌異』と『夜窓鬼談』における狐のイメージ3

3.1なぜこの二冊を選ぶか

3.2狐のイメージの分類

3.2.1 『聊斎誌異』における狐のイメージ

3.2.2 『夜窓鬼談』における狐のイメージ

3.3 狐のイメージの比較と分析

3.3.1 共通点

3.3.2 相違点

3.3.3 異同を生じた原因

4.結論 5

参考文献 7

謝辞

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部