浅析芥川龙之介作品中人性的丑陋–以《罗生门》为中心.doc

为纪念芥川在文学上取得的杰出成就,1935年好友菊池宽为了纪念他设立了以他名字命名的“芥川文学奖”。芥川从《今昔物语》当中取材,经过改写创作了《罗生门》、《鼻》和《竹林

要旨

 

芥川龍之介は、日本大正文壇の「新思潮派」の代表作家である。夏目漱石と森鴎外と日本の近代文学の三人の専門家だと思われ、日本文学史上で重要な地位を持っている。彼の小説は、題材内容も芸術の構想もそれぞれの特色があった。創作技巧の上では、芸術の完璧に達したと言える。日本文壇で彼は、「鬼才」、「奇才」と呼ばれている。芥川龍之介の文学の成績を記念するために、1935年親友菊池寛が彼の名前で名付けた「芥川文学賞」を設立した。芥川は「今昔物語」から取材し、「羅生門」や「鼻」や「藪の中」などの多数の歴史小説を創作した。これらの短編小説は人間のエゴイズムを暴くことによって、人間性の悪を批判する。

本論文は、芥川龍之介の代表的な作品———「羅生門」の分析を通して、彼が真善美を追求するために、作品で人間性の「悪」を暴くことを研究する。

 

キーワード:芥川龍之介;「羅生門」;エゴイズム;人間性の悪

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに.1

2. 芥川龍之介とその創作特色.1

2.1芥川龍之介の生い立ち

2.2芥川龍之介の創作特色

3. 『羅生門』について. .3

3.1『羅生門』のモチーフ

  3.2『羅生門』の粗筋

3.3『羅生門』から見る人間のエゴイズム

4. 芥川龍之介における人間悪5

4.1時代の駆使と芥川の人生観

4.2人間悪への鞭撻と人間善への憧れ

5.おわりに.6

参考文献7

謝辞

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部