《我是猫》以“猫”作为叙述视角的理由_日语论文.doc

《我是猫》通过猫的视点观察明治社会,描写了知识分子和实业家等等世间万象。猫的叙事视角正是夏目漱石写生文观的文学实践。通过第一人称、比喻、喜剧场景等等手法,为读者提

要旨

 

夏目漱石は日本近代文学代表的な作家であり、後続の文学世代に深い影響を与えた。夏目漱石が生まれたのは非常に混乱した日本社会の過渡期である。不幸福な幼年時代と憂鬱な留学時期は漱石に自分の気持ちを表現するはけ口を提供し、文学への研究と思索は自分の文学創作に基礎を定める。その背景のもとで、処女作『吾輩は猫である』が誕生された。

主人公「吾輩」は世間普通の猫と違い、人間の話を理解でき、人間生活を観察している猫である。日本の猫文化において、霊異性を持つ妖怪的な猫のイメージと「吾輩」のイメージは同一性がある。

『吾輩は猫である』は猫の視点を通じて明治社会を観察し、知識人や実業家などの種々相を描写している。猫の視点は漱石の写生文観だと思われる。また、一人称、比喩、喜劇的な手法などの創作方法を通じて、読者により新鮮、より滑稽、より緻密、より客観という叙事視点を提供し、笑いを誘うと同時に、深い社会思索に導く。要するに、漱石は人間の種々相と近代文明に対する風刺と批評を猫の視点に託した。

猫の視点は『吾輩は猫である』の最も口々に褒める特徴だけではなく、従来の漱石文学についての研究重点である。本文は「猫の視点」を糸口として、「吾輩」はなぜ「猫」であるのかというの問題の解明を試み、『吾輩は猫である』についてより深い理解を目指す。

 

キーワード:漱石の写生文観;猫の視点;文明批評

 

目次

要旨

中文摘要

序文.1

1.「吾輩は猫である」の創作背景2

1.1 夏目漱石の生い立ち

1.2 夏目漱石の写生文観

2.「吾輩は猫である」の作風4

2.1 叙事視点の特別さ

2.1.1 一人称

2.1.2 猫の目

2.2 笑の芸術性

2.2.1漫画的な滑稽なシーン

2.2.2比喩

3.「吾輩」と日本の猫6

3.1日本の猫文化

3.2「吾輩」と猫文化

3.3「吾輩」の特徴

3.3.1博識多才

3.3.2哲学的な饒舌

3.3.3自惚れ

3.3.4まとめ

4.『吾輩は猫である』の中心思想8

4.1 種々相への風刺

4.1.1太平逸民

4.1.2実業家

4.2文明批評

4.3まとめ

5.結論11

参考文献12

謝辞

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部