从《半泽直树》看日本职场的弱肉强食_日语论文.doc

众所周知,日本职场是个等级森严的场所。在职场里,存在着上级侵占下级成绩,下级承担上级错误的现象。《半泽直树》利用日本产业中央银行职员半泽直树的故事,介绍了日本职场

要旨

 

職場は仕事を就く場所を指す。今現在の職場にはさまざまな価値観がある。例えば、集団主義、利益主義、あんに人への中傷縁故のもののみ任用、弱肉强食など挙げられる。

  みんなが知っているように日本の職場は1つの等級の厳重な場所である。職場には、部下の成績は上司に占領され、上司のミスは部下に引き受けさせる現象が存在する。『半沢直樹』はバブル時期(1992年)日本産業中央銀行の職員半沢直樹の物語の日本職場の弱肉强食現象を紹介し、普段の平社員がどのように上級の集団と対立するのか。または、どのように上級の集団を打倒し強者になることを訴えようとしていた。

  本論文は日本の職場に存在する弱肉强食の現象分析を通し、その原因を究明し、さらに職場新人にとって弱肉強食に対する方法を追究したいのである。

 

キーワード:職場;弱肉强食;企業文化

 

目次

要旨

中文摘要

序文.1

1.はじめに   .1

2.『半沢直樹』の概要と日本企業の職場文化 1

2.1『半沢直樹』の内容

2.2日本企業の職場文化

3.日本企業職場の次文化弱肉强食の本質 3

3.1日本企業の次文化

3.2弱肉强食の定義と表現

3.3日本企業の職場の弱肉强食の本質

4.弱肉强食に対する対応方法   .6

4.1自分の側

4.2職場新人学ぶべきこと

5.終わり

参考文献 

謝辞

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部