浅析谷崎润一郎《细雪》中妙子的人物形象_日语论文.doc

《细雪》以20世纪30、40年代日本关西的中上层社会为时代背景,没落的世家莳冈家的四姐妹的爱情生活为小说主题,塑造了特定时代的四位女性形象,其中最小的妹妹妙子是四姐妹中最叛逆

要旨

 

長編小説「細雪」は日本耽美派代表の作家谷崎潤一郎が6年間かけて完成した名作であり、古典文学にもどり、日本伝統美を継承する代表作である。「細雪」は彼の文学生涯の中で極めて重要な地位を占め、日本の文壇に強い影響をもたらす。  

「細雪」は20世纪30・40年代、日本の関西の中層社会を描写する作品で、大阪船場の没落した旧家蒔岡家の四人姉妹の愛情生活をテーマとし、その時代の四人の女性像を描く。一番年下の妙子は四姉妹の中で最も反抗精神を持っている女性で、彼女は大胆に人を愛し、恨み、勇敢に自分の幸福生活を求め、最後は家をし、鮮明な性格の持ち主である。本文は小説の妙子の服装スタイル、就職観、愛情観などの内容から、彼女の自由な精神とその成因を分析する。 

 

キーワード:日本伝統美;四人姉妹;反骨精神;自由

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに.  1

2. 谷崎潤一郎と「細雪」.1

2.1谷崎潤一郎

2.2 「細雪」の創作背景とあらすじ

3. 妙子の自由追求4

3.1服装スタイルにおける妙子の自由追求

3.2職業選択における妙子の自由追求

3.3恋愛における妙子の自由追求

4. 妙子の自由性格の成因6

4.1時代背景

4.2家族背景

5. 終りに7

参考文献.8

謝辞

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部