从《高濑舟》看知足_日语论文.doc

本论文旨在探究小说《高濑舟》中所体现的知足这一主题,让读者更深刻地感受这一主题。本文分析了小说中喜助和庄兵卫的生活现状及心理,对比了两个人物的金钱观,探究了知足主

要旨

 

「高瀬舟」は森鴎外の短編小説である。その主人公喜助の弟は貧困と病気に堪えず、自殺しようと思っている。喜助は弟の自殺を助けたので、遠島を申し渡されたのである。喜助は以前の生活より犯人の生活の方が良いと思っている。彼は足ることを知っているのである。

  本論では「高瀬舟」の「足るを知る」思想を研究したい。喜助と庄兵衛の生活現状と心理を分析し、「足るを知る」思想の形成原因を探りたい。更に、哲学と健康と社会学などの方面から、このテーマの現代意義を探求したい。

 

キーワード:高瀬舟;森鴎外;足るを知る;現代意義

 

目次

要旨

中文摘要

1.序論.1

 2.森鴎外と「高瀬舟」.1

2.1森鴎外

2.2「高瀬舟」

  3.「高瀬舟」に現れた「足るを知る」思想2

3.1喜助の生活現状と心理

3.2庄兵衛の生活現状と心理

3.3喜助の財産観

3.4庄兵衛の財産観

 4.「足るを知る」思想の成因 . 4 

4.1当時の社会背景  

4.2 森鴎外の人生経歴 

 5.まとめ .5  

5.1哲学の角度から

5.2健康の角度から 

5.3社会学の角度から

 6.おわりに.5

参考文献.6

謝辞

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部